回復基調と富裕層や税政策の後押し

2014年4月の消費税増税後の落ち込みから2015年は持ち直しがみられました。現状、企業業績の回復基調が続いたことや株式市場が好調に推移したことから雇用所得の改善がなされ消費マインドも回復の兆しがみられています。不動産市場をみても、政府が住宅取得支援策を打ち出したことにより徐々に回復している現状です。中でも顕著なのが富裕層向けの高級住宅で、この背景には保有金融資産が1億円以上の世帯が2011年から2013年の間だけ見ても20万世帯も増えたことがあげられます。ハウスメーカが受注する高級住宅は1億弱が目安だったころに比べ、1.5から2億程度の住宅の受注が増加している傾向にあります。また、多層階住宅の市場が非常に活性化しており相続税対策として賃貸や店舗、事務所併用住宅のニーズが高まりをみせ、RC造よりも工業住宅であるハウスメーカーの多層階住宅は価格が安定し工期が短いのが魅力です。そのため、オーナーへの積極的な提案が進んでいます。

荒井正昭が語る創業?エピソード

一代でトップになった荒井正昭

人を感動させる側へと導く荒井正昭

オープンハウス社長・荒井正昭のプロフィール

足踏み感があるも回復傾向

非製造業を中心に労働需要は高水準となっており、2016年も雇用の改善は継続され、消費マインドも穏やか

住政策と新たなビジネスモデル

一億層活躍社会の実現に向け不動産住宅市場で見直され始めているのが、三世代同居や近居です。これには少子

利活用に向けたアイディアがぞくぞく

空き家対策施行に伴い、不動産市場でもさまざまな動きが活発化してきており、利活用できる空き家の活用法な

中大規模木造で市場環境整備が進む

利活用期を迎えた国産材の需要先として、さらに新築戸建て住宅にかわる新たな市場として中大規模木造市場へ

サイトコンテンツ

足踏み感があるも回復傾向
住政策と新たなビジネスモデル
利活用に向けたアイディアがぞくぞく
中大規模木造で市場環境整備が進む